忍者ブログ
精神世界のお話し中心です。 ゆっくり、ゆっくりと耕していくことが肝心です。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 「ここ」という始まりの在りよう次第で、「そこ」という終わりの在りようも変化する。
    『ルーミー詩撰』メヴラーナ・ジェラールッディーン・ルーミー
    ★★★
    ここは多くの言葉も使いませんし、その内容も然したる確証もないものばかりです。

    言葉を紡ぐのが大変重荷に感じる者が書く内容ですので、

    偉大な先哲の名文をお借りし、助けてていただいたりもしております。

    私が紡いだ記事自体は、なんの花もなく朴訥としたものです。

    どうか・・・訪れた方の記憶に何も残らず・・・

    後味もなく立ち去って行かれますことを心より祈ります。

    ★★★
    Rumi: Sufi Poem

    ★★★
    祈りを貪るものたちは、野のユリよりも美しく、着飾ることを知っている。
    さて唐突ですが。

    あなたは夢の中で眩いばかりの3つの存在に出会います。

    どの存在も知恵に溢れ、力に溢れかえっています。

    平和と威厳のオーラは目も眩むばかりです。



    1番目の存在があなたに告げます。

    さあ、あなたの人生を開く道具を与えましょう。

    疲れるときがあれば私の元に来て休んでもらってもいいのですよ。

    必要な知恵は私が与えます。

    条件は、私を愛すること。



    2番目の存在があなたに告げます。

    さあ、あなたが歩むべき人生はこちらです。

    私が導きますから、しっかり私から目を離さずついてきてください。

    疲れることがあれば私があなたを背負います。

    あなたの道はこちらです。

    条件は、私を信じること。



    3番目の存在

    とにかくあなたの人生は危険がいっぱい、どうか私の指示にしたがってください。

    悪なる存在はいつも付きまとっていますから。

    でも安心してください。

    私はいつもあなたと一緒。

    条件は、希望です。



    さあどうしようとあなが迷っていると、あなたの足元に小さい子供が立っています。

    子供:「僕、あなたを手伝いたいんだけど。。。」

    あなた:「え、君が?。。。。できるの?」

    子供:「うん。ずっとここに住んでいるから。全部知ってる。」

    あなた:「あーそうなんだ。ありがとねー。えーっと、せっかくだから・・・・君の条件は何かな?」

    子供:「は?、条件?、何それ?」


    例え話しでした。
    PR
    神秘のお部屋 HOME アセンション


    Copyright © 毎日ゆっくり一歩 All Rights Reserved
    忍者ブログ / [PR]