忍者ブログ
精神世界のお話し中心です。 ゆっくり、ゆっくりと耕していくことが肝心です。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 「ここ」という始まりの在りよう次第で、「そこ」という終わりの在りようも変化する。
    『ルーミー詩撰』メヴラーナ・ジェラールッディーン・ルーミー
    ★★★
    ここは多くの言葉も使いませんし、その内容も然したる確証もないものばかりです。

    言葉を紡ぐのが大変重荷に感じる者が書く内容ですので、

    偉大な先哲の名文をお借りし、助けてていただいたりもしております。

    私が紡いだ記事自体は、なんの花もなく朴訥としたものです。

    どうか・・・訪れた方の記憶に何も残らず・・・

    後味もなく立ち去って行かれますことを心より祈ります。

    ★★★
    Rumi: Sufi Poem

    ★★★
    祈りを貪るものたちは、野のユリよりも美しく、着飾ることを知っている。

    美しい旋律の祈りだったので紹介しておきます。

    The Mystical Lord`s Prayer



    -------------------------------------------------------------------------------------------------

    鈴木里美様のブログ hulu of soundより掲載させていただきます。
    ありがとうございます。貴重なメッセージを訳してくださったことに心より感謝いたします。


    2011年3月16日 
    ハトホルメッセージ

    メディスン・オブ・ライト‐光の薬

    放射能汚染、神経毒、バクテリア、ウイルスからの保護と治療

    ニュージーランド地震に続き、日本での地震と、あなたがたがより複雑な混沌の中心点(カオティック・ノード)に入ったことは明確です。

    私たちは放射能汚染、そしてその他の肉体的症状から身を守り、治療するための方法をお伝えしたいと思います。これを私たちはメディスン・オブ・ライト(光の薬)と呼びます。

    これは現在日本で起こっていることに関係していることは言うまでもありませんが、この先地球の変化が進むにつれて、世界中のあらゆる地域で近い将来、似たような問題に直面することがあるかもしれません。

    この方法は放射能だけでなく、神経毒や突然変異するバクテリアやウイルスの危険にさらされるからことから身を守り、癒すために役立ちます。私たちの視点からすると、あなたがたの時間枠の近いところで、このような危険が増えることが予測できると思います。

    この方法では、あなたの神聖な魂、バーとつながります。これを行うことで、光の領域のあなた自身の一部とつながります。

    あなたがたの宇宙に存在するすべてのものは、もっとも高密度の物質でさえも、資質またはエネルギーとしてとらえることができ、それは光の表現であり、本質的に光の一形態です。

    この方法の中であなたはあなたを守り、あなたを癒すエネルギーを与えてもらうという意図を持ち、期待をしながら、あなた自身の神聖な魂とつながります。あなたはこの意図を感謝の感情の波動(振動)とともに、あなたの神聖な魂へと送ります。これによってあなた自身の存在のより高次の側面とのつながりを活性化させ、波動共鳴を起こします。

    感謝とともにこの意図をあなたのバー(神聖な魂)に送ったら、意識を自分のハートチャクラに向けて、ハートチャクラで保護と癒しのエネルギーを受け取ります。このエネルギーは光として感じられる場合もあれば、幾何学模様、あるいはエネルギーが降りてくる感覚として経験される場合もあるでしょう。単に感情や思考として、このエネルギーを経験する場合もあるでしょう。

    ハートチャクラでこのエネルギーを受け取ったら、次は送り出します。

    この段階には、純粋な水が必要です。水はこのような情報を大変よく保持するからです。水を入れた容器を両手にもって、ハートチャクラで受け取ったエネルギーをあなたの意図をつかってあなたの両腕をとおして両手に降ろし、両手のひらの真ん中のチャクラまで降ろします。この経路をとおって、エネルギーがあなたの両手から水の中に入ります。

    このエネルギーを増幅するために、以上の手順を3回繰り返してください(最初の1回に加えてあと2回、合計で3回です)。そしてこの水を飲んでください。この水はあなたの身体の水の要素に浸透し、やがて体中のすべての細胞に癒しと保護の性質が伝わります。

    この行為をとおしてあなたは光に資質を与え、その光をあなたの体の中心経路をとおしてハートに降ろし、それを水の要素へと送り出しています。水の意識がこのエネルギー(光)を受け取り、あなたがそれを飲むとき、あなたの身体がこのエネルギーを受け取ります。

    放射能にさらされる状況に陥った場合には、私たちが説明した手順にしたがって、放射能汚染のあらゆる可能性からあなたを保護し、治療するために適切なエネルギーを、バー(神聖な魂)から降ろします。もし他にも自分の身を守る方法があるならば、当然それらも行うべきですが、たとえあなたが何もない状況に取り残されたとしても、あなた自身の意識を使えば、あなたは自分を守り、癒すことができます。

    神経毒にさらされた場合にも、同じことをしてください。バクテリアやウイルスが原因の感染症の流行のただ中にいる場合にも、同じことをしてください。

    あなたがたが集合的により深く、この混沌の中心点の複雑で激しい段階へと入っていくにしたがって、バクテリアやウイルスはより早く変異するようになるでしょう。この方法がそのような変異する生命体の危険からあなた自身を守り、癒すことを可能にします。

    あなたがたは自分自身の意識の力をつかって、保護と癒しを生みだしているのだということを、理解することが重要です。あなたがたは自分自身の光の領域と、直接つながることができます。あなたがたは自分自身のために、そしてあなたの愛するものたちのために、光の領域を利用する最高の権利を持っています。

    もしもここで私たちが述べたような困難な状況のうちのひとつにあなたがたが直面したら、このメディスン・オブ・ライト(光の薬)、あなたが自らエネルギー・チャージした水を、あなたの直観にしたがって1日に数回飲んでください。

    日本で起きた地震と津波に関連する物理的な被害に対処することは、非常に困難です。しかし私たちは注意をこのような災害によって引き起こされた物理的な影響から、精神的、感情的、霊的影響へとシフトさせていきたいと思います。

    あなたがたが混沌の中心点にいること、そして太陽フレアの活動と太陽系外の宇宙空間からのエネルギーがあなたがたのエネルギー体に影響を及ぼしていることによって、集合体としてのあなたがたは、より大きな影響を受けています。

    これはどういう意味かというと、あなたがたは仲間である他の人々の苦しみを目撃することによって、ハートが打ち砕かれるおもいをします。このような苦境に、いつ自分が陥ってもおかしくないという認識があるからです。この認識があなたがたのハートにすき間をつくり、そのハートをとおして(あなたのハートをとおして)、より高い意識の状態が自覚されます。ですから日本で起きた地震は本当に多くの意味で、集合的なハートに起きた地震でもあるのです。

    これから先の時間は、たやすいものではありません。私たちの視点からすると、地球の変化が今後も増大します。しかしこのような出来事のひとつの結果として、あなたがたは根底から揺るがされ、集団催眠状態が一時停止されました。そしてこのように異常で超現実主義的な荒廃状態の中で、多くの人々が、あなたがたの文明が薄弱な土台の上にたっていることをはっきりと理解しています。これは文字通りの意味と比喩的な意味の両方の意味においてです。

    ですから混沌の中心点の現段階において、私たちからのアドバイスは、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を自分でつくりだす能力を身につけて、必要な時がきたら、あなたがたが自分自身の本質の中に持っている保護と治療の能力を使えるようにしておくということです。そしてこのような時期をマインド(知性)だけでなく、ハートのナビゲーションを使って進むこと、そしてハートを感動させてください。ハートをとおして、あなたがたは自らの偉大さへとつながる上向き螺旋を上昇することができるのですから。


    2011年3月16日
    ハトホルたち


    2011 Tom Kenyon All Rights Reserved.
    http://tomkenyon.com
    変更を一切加えず、著者名とこの著作権の注意とウェブアドレスを掲載するならば、このメッセージをコピーしてあらゆるメディアで配信することができます。


    トムの考察

    私はこれまで20年にわたってハトホルたちのチャネリングをし、2003年2月から彼らの惑星メッセージを紹介しはじめました。そしてその間、メッセージを伝えることに、これほどまでの緊急性を彼らから感じたことは一度もありませんでした。普通なら私のコメントを書く前に、彼らのメッセージをじっくりと味わい、熟慮するための時間が数日間与えられます。しかしそのような贅沢は、いまは許されません。ハトホルたちはジュディと私にこのメッセージをできるだけ早く伝えるよう求めました。ですから私のコメントを簡潔な要点だけにしぼります。

    今回中心となるメッセージは、人類は全員、ハトホルたちがメディスン・オブ・ライト(光の薬)と呼ぶものをつくりだす能力を持っているということです。そしてこのような種類の薬は、私たちを放射能汚染からだけでなく、神経毒の影響や、バクテリアやウイルス感染からも守り、癒す資質と能力を本来持っています。

    この方法は簡単で的を得ています。このメッセージを読んでいる人たちの中には、神聖な魂(バー)について、聞きなれない人もいるかもしれませんので、その場所と利用する方法を説明したいと思います。バー、あるいは神聖な魂は、あなた自身の意識のひとつの側面で、時間と空間の制約を受けないところに存在しています。神聖な魂をハイヤーセルフと呼ぶ人もいるかもしれません。しかし呼び方はどうであれ、神聖な魂はハトホルたちが光の領域と呼ぶところに存在しており、あなたが感謝を送るときに、あなたはあなた自身のこの側面とつながります。

    あなたのバーは時間と空間の両方を超越しているため、位置を持ちません。

    しかしあなたのエネルギー・フィールドの中に入口となるポイントがあり、それはあなたの頭から腕の長さぶん上に位置しています。両手を頭の上にあげて、両手の指先を合わせると、あなたの指のあたりがこの入口となるポイントの付近です。メディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくりだすためのハトホルたちの方法の最初の段階で、ここにあなたの注意を向けます。(両手を頭の上にあげるというのは、位置確認の目的のためだけに行います。メディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるときに、実際に両手を頭の上にあげる必要はありません。)

    いったんバーのポイントのあたりに注意を向けたら、あなたが受け取りたいと願う光の質を、マインドの中に保ちます。たとえばあなたが危険な放射能にさらされたとして、あるいはこれからさらされようとしていて、放射能汚染の危険があると仮定しましょう。頭の上のバーのポイントに意識を集中させた後、あなたのバーから降りてくるエネルギーが、放射能汚染からの保護そして/あるいは癒しのエネルギーであると意図します。

    そしてあなたのハートチャクラから、感謝の感情を頭の上のバーのポイントへと上向きに送ります。これを行いながら、あなたのバーから伝えられるエネルギーが、あなたを放射能汚染から守る、あるいは癒すという意図または資質を保持し続けます。

    次にあなたの意識をバーのポイントからハートチャクラ(胸骨の下の胸の中央)に移して、あなたのバーから保護と治療のエネルギーを受け取るのを待ちます。

    このようなことを行った経験がない方は、バーからの応答に気づくまで、感謝の感情を送ると共に意図または資質を保持するということを、数回繰り返す必要があるかもしれません。しかしエネルギーが降りてくるのを感じるまで、何度でもこの意図と感謝の感情をバーに向けて上向きに送り続けてください。神聖な魂(バー)からエネルギーが降りてくるのを感じたら、ハートチャクラに注意を移してください。あなたのハートチャクラが、この保護と治療のエネルギーを受け取るようにしてください。

    そして純粋な水の容器の周り、あるいは上に両手を置いて、あなたの神聖な魂(バー)から受け取ったこのエネルギーを、水の中に送り込みます。あなたのハートチャクラに入った保護と治療のエネルギーが、あなたの両腕をとおして降りていき、両手の中心にある2つのチャクラをとおして、水の中に入っていきます。

    この手順を3回繰り返します。そしてその水を飲みます。

    もしあなたがいま危険な状況にあるなら、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を1日に数回つくって、自分の直観にしたがって飲んでください。

    ハトホルたちが言っているように、メディスン・オブ・ライト(光の薬)は放射能汚染からの保護と治療の他にも、さまざまな使い道があります。神経毒、バクテリアやウイルスの感染症から身を守り、癒すためにも活用できます。ハトホルたちは言いませんでしたが、このメッセージを受け取った後で私は彼らにこの方法が癌など、他の肉体的問題にも効果があるかどうか質問しました。すると彼らは、メディスン・オブ・ライト(光の薬)が癌やその他の問題に対処するために、同じ方法でほぼ確実につくりだすことができると言いました。

    当然ながら、もしあなたが放射能汚染や神経毒の影響を受けたり、あるいはバクテリアやウイルスによる感染症の蔓延などのような、深刻な状況に直面しているならば、あらゆる医学的な治療を利用するべきでしょう。言い換えると、この方法は医学的または公衆衛生の対処法に置き換わるものではなく、補助的な方法、自分のために自分自身で行える方法です。

    このメッセージを受け取った後、私はハトホルたちに、こどもたちやペットなど、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を自分でつくることができない人たちについてはどうかとたずねました。すると彼らは、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を与えたいこどもやペットのために適するよう意図して、同じ方法をつかうようにと言いました。たとえば、もしあなたが放射能汚染から自分自身を守り、治療するためにメディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるとしたら、あなたは自分の個人的な保護や治療のために、神聖な魂(バー)からエネルギーを受け取ることを意図します。これをこども、あるいはペットのために行う場合は、あなたがその薬を与えたい相手(こどもまたはペットなど)の保護や治療のために、あなたの神聖な魂(バー)からエネルギーを受け取ることを意図します。

    ここでちょっと口をはさみたいと思います。メディスン・オブ・ライト(光の薬)を自分でつくる方法を誰かに教えるほうが、依存関係をつくりだすよりもはるかにいいのです。メディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくる能力は、すべての人に本来備わっている能力です。これは私たちの多次元的遺産の一部です。そしてこれを自分でつくる方法を誰かに教えるということは、その相手のマスター性に奉仕することでもあります。

    「ヒーラー」と名乗るような人たちが、自分が他の人にはない特別な力を持っていると見せかけて、このメディスン・オブ・ライト(光の薬)を他の人たちのためにつくるために、この方法を使うなどということがあったら、私はひどく嫌悪感を覚えます。このメディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくる方法は、人類に本来備わっている力であり、すべての人々と共有されるべきだと私は感じます。

    このメディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるための簡単な方法について、私がお話ししたいことはまだまだありますが、哲学的、形而上学的観察に基づく意見は、また次の機会に述べることにします。

    ハトホルたちはできるだけ早くこの情報を公開し、広めることを強く求めています。


    2011 Tom Kenyon All Rights Reserved.
    http://tomkenyon.com
    変更を一切加えず、著者名とこの著作権の注意とウェブアドレスを掲載するならば、このメッセージをコピーしてあらゆるメディアで配信することができます。

    補足

    純粋な水というのは…
    メディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるために水をつかうように私たちが提案したのは、水がこのような種類の情報を非常によく記録するからです。「純粋な水」というのは、単にきれいな水という意味です。どんな種類の水でもかまいません。水道水でもいいのです。

    もし純粋な水がないとしたら…
    飲める水を手に入れることができない場合は、前に説明した手順にしたがって、保護や治療のエネルギーをハートチャクラから両腕に降ろし、両手から水に送り出す代わりに、保護や治療のエネルギーをハートチャクラからあなたの身体を構成している水に、直接送ります。つまり、外的な水はまったく必要ありません。あなたの身体はほとんどが水でできていますので、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を受け取り、エネルギーを注入した水を飲むのと同じように作用します。

    しかしながら、可能な時はなるべく外的な水にエネルギーを注入することをおすすめします。この形式的に意図するという儀式が、多くの人にとってメディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるための、最も有効な方法だからです。ほとんどの人が薬を錠剤や液体で飲むことに慣れていますので、このエネルギー注入した水を飲むという行為が、潜在意識のマインドを刺激し、あなたの自己治癒能力を深いレベルで活性化します。


    水が放射能で汚染されている可能性のある緊急事態について
    放射能で汚染されている飲み水しか確保できないという事態に陥り、生きるためにはその水を飲むしかないという場合に、私たちは次の簡単な2つのステップを行うことを提案します。

    ステップ1:汚染された水を飲む前に、メディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくるのと同じように、放射能汚染からの保護と癒しのエネルギーを水に注入する。自分の意図の力によって、その水に放射能汚染からの保護と癒しのエネルギーが注入されていることを理解して、生き残るためにこの水を飲む。

    ステップ2:前に説明したとおりに、放射能汚染からの保護と治療のために、水をつかわずにメディスン・オブ・ライト(光の薬)をつくる。このステップ2では身体の水分に直接エネルギー注入する。このステップ2を、エネルギーの保険のひとつとして考える。

    このステップでは、自分の身体の水分を、エネルギーを注入するための水として使います。確認してください:生き残るために必要な水にエネルギー注入し、それを飲んだ後、保護と治療のエネルギーをあなたのハートチャクラからあなたの身体を構成している水分に直接送ります。このステップには身体の水分以外に、水は必要ありません。あなたの身体はほとんどが水でできていますので、メディスン・オブ・ライト(光の薬)を受け取り、エネルギーを注入した水を飲むのと同じように作用します。

    放射能汚染の疑いがなくなるまで、1日をとおして水をのむときにはいつでも、この2つのステップを行ってください。

    ひどい状況の中にあって、パラノイアや恐怖の感情を超越することは非常に困難かもしれませんが、水にエネルギー注入する短い時間だけは、これをやらなければなりません。あなたがどんな状況に置かれているとしても、あなたの神聖な魂(ハイヤーセルフ)は光の領域に存在しており、あらゆる理解を超越する平安をいつでももたらしているということを、どうか忘れないでください。どんなにひどい困難の真っただ中にあったとしても、その平和の安全地帯の中で、あなたには感謝の感情へと続く道を見出すことができます。そしてそれがあなたの神聖な魂を活性化します。この感謝の感情の波動領域から、すべてのメディスン・オブ・ライト(光の薬)が、その様式に関係なく、つくりだされます。


    2011年3月21日
    ハトホルたち


    2011 Tom Kenyon All Rights Reserved.
    http://tomkenyon.com
    変更を一切加えず、著者名とこの著作権の注意とウェブアドレスを掲載するならば、このメッセージをコピーしてあらゆるメディアで配信することができます。

    PR
    仮説遊戯 HOME 内なる祈り


    Copyright © 毎日ゆっくり一歩 All Rights Reserved
    忍者ブログ / [PR]