忍者ブログ
精神世界のお話し中心です。 ゆっくり、ゆっくりと耕していくことが肝心です。
2018 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 「ここ」という始まりの在りよう次第で、「そこ」という終わりの在りようも変化する。
    『ルーミー詩撰』メヴラーナ・ジェラールッディーン・ルーミー
    ★★★
    ここは多くの言葉も使いませんし、その内容も然したる確証もないものばかりです。

    言葉を紡ぐのが大変重荷に感じる者が書く内容ですので、

    偉大な先哲の名文をお借りし、助けてていただいたりもしております。

    私が紡いだ記事自体は、なんの花もなく朴訥としたものです。

    どうか・・・訪れた方の記憶に何も残らず・・・

    後味もなく立ち去って行かれますことを心より祈ります。

    ★★★
    Rumi: Sufi Poem

    ★★★
    祈りを貪るものたちは、野のユリよりも美しく、着飾ることを知っている。
    最近の精神世界のブログを見てみると20年程前に「キリスト大好き人間」達の間で起こっていたことと、同じことがおきているように思う。

    特に現在は日本の神様が大好きな人間達の間でおきているようだ。



    光は善であり、愛である。

    闇は暗黒であり、悪である。

    闇は光を嫌い、この世に光が届くことを阻むため、ありとあらゆる手段を使う。等等。。。



    いつから光と闇は対立したのだろう?

    夜の暗闇は心と身体に休息を与えてくれる。

    暖かな日差しは活力を与えてくれる。

    光と闇の絶妙な調和が大切だというのに。。。



    それとも、これから先の世界は存在そのものの形態まで変わってしまうとでもいうのだろうか?


    本当に気が付いてほしい。

    人は、同じ事を繰り返しているだけだ。



    PR
    暗夜 HOME 瞑想の始め


    Copyright © 毎日ゆっくり一歩 All Rights Reserved
    忍者ブログ / [PR]